土屋鞄のランドセル

おそらく今年になってから出たであろう言葉、それがラン活です。初めて耳にした人はなんの事かわからないかも知れません。私はわかりませんでした。

ランドセル活動、ランドセルを手に入れるための活動です。

ここ数年、ランドセルの発売開始時期が早まっているとか、高級志向になっているなんていうのは前から言われていたことで知ってはいましたがそんなにすごいことになっているとは。

ランドセルの市場規模は5年前に比べて2倍に迫る勢いだそうです。少子化の時代、子どもが増えているわけではないということは、単価が上がっているんです。孫に高級ランドセルを買い与える人が大勢。

中でも大人気なのが土屋鞄。元々高級革鞄の店です。今年、ラン活という言葉が出てきたきっかけと言ってもいいかも知れません。
革というのは素材による品質の差は大きいとは思いますが、ランドセルにそこまで高額なお金を使う必要があるのでしょうか。二世代で使うとかならありですか?

私は小学校の卒業の日に記念に友達らとランドセルへメッセージの書き合いをしましたよ。その後引っ張り出すわけでもなく未だ実家の押し入れで眠っていることでしょう。

土屋鞄のような高額なランドセルを買うのなら他の物を買ってあげると子どももまた喜ぶのではないですか?ママのプライドとか見栄とか、そういうのは知りません。


PAGE TOP