歯医者は英語のラジオ

もう20年以上も前の話です。当時初めて行った街の小さな歯医者さん、そこでは英語のレディオが流れていました。いやしかし正確にはラジオなのかどうかはわかりません。

ペラペラと英語で話すパーソナリティーと、流れる洋楽。私にとっての歯医者BGMはそれなんです。

 

それから歯医者は5~6ヶ所行きました。英語のラジオを流しているところはありません。

 

しかしやっと巡り会えたのです。都内某所の歯医者にて。

 

懐かしさがこみ上げてきました。お母さんと行ったあの歯医者、まだやっているのかな・・・先生は当時40歳位だったから今はもう60歳以上か。今度地元に帰ったら近くまで行ってみよう。

 

ところで子供の時って、「気まずさ」とかそういうのなかったですよね。結構歯医者だと、口を開けている時にどこを見ればいいのって悩んでいる人がいるらしいんですよ。

 

私はそこは気にしたことないんですね。宙を見てます。

 

それよりもです。それよりも舌をどうしていいのか困ったことありませんか?

まず自分の舌が今どういう状況なのかはなかなか理解が出来ません。舌をなんとかしようと意識した途端にもう頭はパニックです。

あれですよ、呼吸を意識するとなんだかうまく呼吸できなくなっちゃうパティーン。

 

あとね、寝た状態から椅子ごと起こされるじゃないですか。そこからうがいをするわけなんですが、どのタイミングでうがいへと動きますか!?

 

椅子の動きにあわせて上体起きるの待ちます?私は待たないんですよ。なんといってもゆっく~り動きますからねあの椅子の背もたれ。

 

だからもう椅子が原状回復に向けて動いている最中にもううがいしちゃってるんですよ。これ、他の人はどうなのか気になりましたね。先生や助手の人にせっかち思われてもつまらないじゃないですか。え?気にしていないって?

 

そう、気にしているのは私だけ。そして歯医者のBGMを気にしている人もマイノリティー。でも今度からもし歯医者へ行くことがあればチェックしてみて下さい。

 

英語radio系歯医者、それはきっとあなたの街にも・・・


PAGE TOP