光学迷彩が100ドルで買える?

光学迷彩って言葉は、攻殻機動隊で初めて知りましたがいわゆる透明マントのことです。

いわゆると言うほど実社会では関係のない話ですね。

この前ニュースで見たのですが、いつの間にか技術は進歩していまして、本当に透明になっている(ように見える)んです。

 

仕組みは難しいです。そりゃあそうですね。

 

そんな光学迷彩なんですが、いくらだったら買いますか?

子どもの頃、どこでもドアいくらなら買うかとか考えたことありませんか?私はあります。100万円です。子どもにとっての大金とは100万円なのです。今は、その数十倍の値段だとしても欲しいですね。もちろん、どこでもドアローンを死ぬ間際まで設定しなければなりません。

 

話がそれました。驚くことにアメリカでは早ければ今年中に光学迷彩を100ドルで売り出そうという会社があるとか。日本円で1万数千円ですよ。買いますよ。

 

購入方法や、そもそも日本で買えるのかなど不明です。真っ先にYouTuberが手に入れて色々と面白いことをやってくれそうです。

光学迷彩元年となるのか否か。楽しみですね。


PAGE TOP