ZEPETO(ゼペット)で出会いある説?

ZEPETOというアプリがあります。iosでもandroidでも遊ぶことが出来ます。どんなアプリなのと説明するとなると、ひと言でいうなら自分のそっくりな3Dキャラ(アバター)を作れるという感じでしょうか。

 

アバター作ってどうするのっていうと、最終的には写真を撮影します。友だちのアバターと一緒に撮影して、インスタにアップしたりという形で一部の間で流行しているのです。一部の間でという時点で流行といっていいのかわかりませんが、私がフォローしている「アプリマーケティング研究所」でも取り上げられていたので実際に私もやってみたのです。

キャラの作成に関してはよくある形です。髪型選んで目を選んで鼻を選んで・・・とありますが、基本的には最初の段階で顔認証して自動的に作成してくれますので手間は少ないです。顔認証からアバター作成のクオリティですが、まずまずの再現率だと個人的には思いましたね。

一つ残念なのはアイデンティティの大きな要素であるヘアスタイルのバリエーションが少なすぎるということです。髪型が似ていれば雰囲気似ちゃうみたいなところもあるじゃないですか。私は近しい髪型が見つけられなかったのでそれだけで類似度は下がってしまってますね。

 

さてアバターを作成したあとは、チュートリアルやってみてもいいのですが、このアプリは友だちと写真撮影するのが楽しいのですよ。キャラにお揃いの服を着させてとか?楽しいですね。リアルな友だちがいればその人と繋がればいいだけなのですがそうじゃない場合は?

ネット上の知らない人と繋がることも出来ます。フォロー・フォロワーの関係になります。どんなひとでもフォローすることが出来て、しかもZEPETO内でメッセージのやり取りをすることが出来ます。

 

そこで私は思ったのです。これはもしかして出会いのツールになるのではないかと。ところがそれを前提で遊んでみると大きな落とし穴がありました。

 

それは、他のユーザーを条件付けて検索をすることが出来ないということです。そもそもこのアプリは日本国産ではありませんので、ユーザーも外国人が多いです。感覚としては韓国人が一番多い感じです。もちろん、男女どちらかだけをピックアップすることも出来ませんし、年齢も登録するわけではないので論外です。

 

いやーちょっといい感じのアバターをフォローしてメッセージしてーなんていう夢想をしていましたけれど、実際にやっている人はどんな人なのかわかりませんからね。出会いを積極的に狙っては全く無理でしょうけれど、たまたま話が盛り上がって意気投合ということはあるのかも知れませんね。

蛇の道は蛇、出会い目的なら出会い系というのは鉄板。
→出会うならこれでした


PAGE TOP